FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
いや~~まいりましたね

7月21日 月曜日

日本は「海の日」で祭日みたい、、、というか
もう夏休みなんですね

ラスピニャスは14日火曜日に息子を学校に連れていくと
早々と台風到来のため休校

「台風が来るのは明日になってからだけどね」

まあそうはいってもフィリピンですから、、、

我が家の近所の公務員さんも看護婦さんも
ついでに、、、警察官も出勤する気配がありません

キミたちは、、、
フツウだったら出勤して待機しなくちゃいけないんじゃないかな?

まあここは、仕事よりも家族を大事にする
家族愛あふれたピノイの国ですし

そういえば飛行機の音もしませんし

皆さん宴会やっているのかな?

まあ私たちはよい天気のなか、、、
息子とバトミントンしたりキャッチボ~ルしたりしてました

明けて16日水曜日
3時には突風が吹き出し

いよいよ台風到来、、、

次の瞬間、停電

ロ~ソクつけて水を貯めて
その後は、ビ~ル飲んで、、、朝を待ちます

6時ぐらいに台風の目に入ったのか雨と風も止み
小休止、、、

30分くらいで再開し、あと半分、、、

8時ごろカミさんとケンケンが不安そうな顔していましたので

「9時半ぐらいには風も止むだろうしバイバイ台風」

半信半疑でしたが
私の予想通り、風もピタリと止んで急に尊敬のまなざし、、、

キミたちはレイテ出身のくせに
「台風の目」も知らないのかい?

まあ言うだけムリなんですが、、、



まあわが借家には被害もなく台風は去っていったのですが
いつまで待っても停電したまま電気が来ません

「トロくさい連中だな」

そう思いながら視察がてら買い物に出かけたところ

「あらま~~」

街の様子がカンゼンに変わっています

台風としては小規模
大した台風じゃなかったのですが、、、

軒並み木は倒れて、電線は垂れ下がり

思っていたよりマニラも弱いですね

この程度の台風でこの有様だと
ヨランダぐらいの台風がメトロマニラ直撃すると
スクワッタ~だけでなくマニラ自体が壊滅してしまいますね

「とても家なんて買えないぞ」

元々逆立ちしたって買う金のない私が心配することではないのですが、、、

まあ今日はムリだろうな

まだ冷蔵庫の中のビ~ルは冷えてましたので
あきらめて飲むことにしました


そして、、、翌日17日木曜日

昼過ぎになってもまだ停電は復旧しません
そして困ったことに水が無くなってしまったのです

ここの縦割り長屋村
大きなタンクで給水していますので電気がないとモ~タ~で水をくみ上げれず

万事休す

仕方ないので、知り合いにTEXT

「そちらは水は出ますか?」

しかし返答なし

私もカミさんの携帯も電池が残りわずか
電話もできませんし

たぶん、、、相手も同じ状態なのかも、、、?

とりあえず行ってみよう

LTOの車検も受けないまま
まあビレッジ内の私有地ですからポリスに捕まることはないのですが
ワゴンにバッテリ~を取り付けて出発しました

知り合いの家に行くとタンク使用で水はナシ
ただ隣の家が水を売っていて20Lで3P

大きなゴミバケツみたいな容器2個に水いれて

知り合いの奥さんが値引き交渉してくれて20P

ついでに我が家3人、そこでシャワ~させてもらって

ベルダンのSMへ

帰り道、道沿いはもう電気がついて明るくなっています

「やった~~!!」

しかし、、、住宅地に入ると深々と暗闇が広がって、、、

「まあ2時間もすればここも復旧するだろう」と

明るい希望を胸に抱き
ビ~ル飲んで、ピザ食べさせてもらって、、、

電気がない、水もない、ストレスが渦くなか
幸せなひとときを過ごさせてもらい

感謝、感謝でした、、、、が、、、


ここは、、、フィリピン

夜が明けても電気は復旧せず


翌18日金曜日

息子を学校に連れていくも、やはり休校

ここの人たち月曜日の時点で、火曜日から日曜日まで完全休養日
最初っから決めてたのじゃないかな?

普段の仕事は遅いけど、そういったことだけは手早いし、、、

それはそうとメラルコの連中
いくら仕事が遅いといっても10時ぐらいまでは電気を通してくれよね

カミさん昨日の希望の光のせいか
すこし気が大きくなって

「ほんの少しだけ洗濯するね」と手洗いを始めるも
すすぎの段階で水が終了

元々、ピナイちゃんに「段取り」というものを希望する方が間違っているのですが、、、

かすかな望み
「もうそろそろ電気が来るのではないか?」

しかし、1時間待っても電気は来ず、、、

「しゃ~ないな」とまた知り合いの隣の家へ水をもらいに

ワゴンのバッテリ~が小さいので恐る恐るキ~を回すと
「あわや、、、これまでか!」というところで

ひょっこりとエンジン始動、、、

「ラッキ~!」とすぐさま出発

水をもらい、知り合い宅で洗濯のすすぎをさせてもらって

本当に人のつながりというものは大事というか
大切なものですね

通常の暮らしをしているときは気が付かないことでも
非常時になると
私たちだけではどうすることもできませんし

しかし、、、この日も希望の光は輝くことなく
また静かに時間は過ぎていき

やがて夜になり、、、また暗闇のなか、、、

ただ、今回助かったのはあまり暑くなく
夜は1階の玄関ドア~を開けたままにして
スクリ~ンドアごしに冷たい風が入ってきて風邪ひきそうになるくらい

これが真夏だったら発狂ものですが、、、



翌19日土曜日の朝は明けていき

「いくらなんでも、、、もう復旧するんじゃない」

しかし、、、ここフィリピンは、、、

日本人とは時間の感覚そのものが違うみたいで、、、

冷たい水もビ~ルも飲めず
冷蔵庫が使えないので料理も作り置きができず

昼間暑いからといって、プ~ルに入るわけにもいかず、、、

電気があろうとなかろうと、水があろうとなかろうと
1日24時間、、、これは変わらず、、、

やがて日が暮れていき

外に椅子を出してタバコ吸っていると
すぐ北の方向が明るいのです

「お~~ナガロ~ドは電気が通っているぞ」

ケンケンをスク~タ~に乗せて様子を見てこよう
ついでに冷たいビ~ルとバ~ベキュ~も買ってこよう

30mも走るとわが縦割り長屋村の一列には電気が通っているではないですか
街灯も明々と灯っているし

あと3列は暗闇ですが、、、

もう少し走らせると出入り口のゲ~ト
ガ~ドマン室も明かりが

そして塀から出たところにあるバスケットボ~ルコ~トは全部の水銀灯が明々と灯り
バスケットの試合していますし
真正面の公立小学校、生徒もいないのに校舎中明々と、、、

もう少し進んでT字路の交差点に行くと
右を見ても、左を見ても、、、ずっと明かりがこうこうと、、、

すぐさま引き返し

カミさんに「もう電気ついとるぞ」

すぐさまビ~ルを買ってきて冷凍庫に入れ
扇風機のコンセントを繋ぎ、風力3のボタンも押して

待つこと2時間、、、

「もう待つのにも疲れたから寝よう、、、」


翌20日 日曜日

近所のピュアゴ~ルドに買い物に行って
ベルダンにガソリン入れに行って米買って、、、

帰り道、ちょうど我が家の表というか裏あたり、、、
メラルコの車が止まっていました

男がひとりで短い梯子に上って
管理者みたいのが日陰で眠そうな顔してボンヤリ見ています

「こりゃ~~日数がかかるはずだ」

こんなこっちゃ~何日かかっても電気が通じるはずないよね
レイテのドレルコでももっと機敏に早く、機械を使って修理しています

「あ~~見なきゃよかった」

家に帰ると
近所のカミさん連中も怒りが頂点に達しているのか?
子供を怒る声に激しさがあります

ふと、、、口から出てきた

♪ どメラルコ  だめラルコ~
   どメラルコ  だめラルコ~

  ダメ ダメ ダメ ダメ  だめラルコ~

  ディス イズ フィリピン   フィリ  ピン!ピン! ♪

調子が良かったのか?息子がすぐにマネをして、、、

日曜日の午後、すぐ近くのバスケットボ~ルコ~トでミサやっているのですが

息子のヤツ、、、

大きな声で元気よく、、、

これを歌いながらミサの横を歩いていたらしく、、、

「ケンタロ~ 何を歌っていたの?」

「メイビ~ ディザイア~」と、、、、



なんとか、、、夜8時ごろに電気は復旧しましたが

冷凍庫に入れたビ~ルが冷えるまで待つことなく
約5日間の疲れのためか眠ってしまい

「あっ」という間に月曜日がやってきました




この5日間でわかったこと、、、

都会の表面を見て、自分勝手に思い込んじゃいけない

ここはやっぱり、、、ピノイ君とピナイちゃんたちの土地

レイテの田舎と同じ人たちの国だったこと、、、ですね





スポンサーサイト

コメント

ユキさん、こんにちわ。

フィリピンは、東ビサイヤから北、特にビコールからルゾン島に掛けては、俗にいう台風銀座。ルゾン島の避暑地バギオも、台風がよく来るからついた地名。おまけにマニラも都会と言っても、インフラがかなり危なかっしくて、すぐに、洪水に見舞われるようですね。

住めば都と言うけれど、台風には気を付けてください。


[2014/07/21 13:26] URL | founder_tp #EBUSheBA [ 編集 ]


ファウンダ~さんおはようございま~す

台風のときよく「バギオ」「バギオ」の言葉を聞き
地名と同じ発音だなと思っていたら台風から地名になったのですね
「マカティ」と同じ感覚でしょうか、、、?また知識がひとつ増えました

メトロマニラ、外見だけ見ていると日本とあまり変わりませんが
思っていた以上に脆弱で

日本人よりもっと「喉元過ぎれば熱さ忘れる」人たちなのか?
負けない物を作ろうという考えより
壊れたら壊れたときに修理すればいい、、、
こちらの感覚が染み込んでいるのでしょうね

結果として同じことの繰り返しになっちゃうのですが、、、

郷に入れば郷に従わなくちゃいけませんが
レイテの惨状を見た私としてはここも安全には程遠く
限りなく危険なところだな、、、と思った次第でした

コメントありがとうございました







[2014/07/22 08:29] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/785-53c97c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)