FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
コタキナバル 2

8月8日 金曜日

昨日、何を書いたのか?何が言いたいのか?

これがわからないのはいつものことですが
なんとなく、、、すっきりしないので

また、、、もう一度

この9年間、日本とフィリピンの往復ばかり
8年前に一度香港に行ったきりですし

どうしても日本とフィリピンのことだけに目線がいってしまいがちになります

たまにはパリしょん、、、ならぬ、コタしょんでもいいから
違うところをのぞいてみよう

それがビザ代より安ければめっけもん

そんな調子で出かけたのですが
やはり新しい発見があってなかなか良いものです

街は想像以上に近代化されていますし
昔の退廃を感じさせる植民地のイメ~ジは残っていません

まあ一種のバブル、、、

以前から、行き所のなくなったチャイナマネ~が
東南アジアに怒涛のごとく溢れ出ているそうですが
潰れなければバブルであってもありがたいものですよね

日本もバブルで街がずいぶんきれいになりましたし

まあコタキナバルの街も以前に比べて再開発が進み
きれいになっているのでしょう

フィリピンにもきれいな街はあるのですが
所詮は売り物、買い物

高く売りたい人がいて、それを買った人ももっと高く売りたい

マレ~シアも資本主義の国ですからそれは変わらないとは思いますが
こんなところを見ると、、、

IMG_1064.jpg


反対側を見ても


IMG_1063.jpg


熱帯雨林の土地ですからスコ~ルも激しいのでしょう
まあその雨が涼しさをもたらしてくれるのですが、、、

しかしそれにしてもこの屋根付きの歩道が
中心部の至るところにたくさんあるのです

これがフィリピン人とマレ~シア人
同祖の人々ですが違うところでしょうね

どちらも金、金、金
ゼニがすべてじゃ~~の中国人が実体経済を握っているのですが

スペイン人が植民地にしたか?しなかったか?
アメリカ人とイギリス人の違いなのかもしれませんが

この歩道、あってもなかっても金儲けには反映しませんよね

市民のため

市民に少しでも、、、

この気持ちがあるか、ないか

フィリピンにはこれがないですよね

私はマレ~シアのこともよく知らないし
まあそれはそれなりに問題はいろいろあるのでしょうが

こういったものを見ると、マレ~シア人というのは
フィリピン人より少し上質なところがあるのかもしれません

その分、ビ~ルは高いですが、、、


コタキナバルって地方都市
タクロバンよりちょっと上
バコロドかイロイロあたりぐらいの都市でしょうが

ジプニ~がないのは当然としても
トライシケルもペディキャブもないのです

だいたいバイクの数がフィリピンに比べ圧倒的に少ないですし

SUVが幅を利かせているのはフィリピンといっしょですが
軽自動車とかリッタ~カ~がかなり走っています

これをどう見るのか?

フィリピンよりも豊かなのか?

それともOFWの恩恵がフィリピンより少ないですし
持てる人と持てない人がはっきり分かれてしまって
現地人の庶民はモ~タ~バイクすら買えないのか?

これは住んでみないとわからないことでしょうが、、、

なにか、、、興味があるところです


物価はフィリピンよりちょっと高いくらい

ただ、日本人の私だと異様な高さのペソに比べ
リンギットのほうが良心的に思えて変わらないような気がします

中国人が事業を握り、現地人が酷使されている構造は同じですが、、、

私はあまり中国人が好きではないですが
現地の中国人
やはりよく働いています

ここもタクロバンと同じように中国人の街
店名もどこでも英語、マレ~シア語、中国語併記ですし

マニラにくると表に中国人があまり出てきませんので見えにくいですが
このくらいの街だと

「オレがアルジだ」といったかんじで店の陣頭指揮とって
実際に目に見えますし

この目に見えるからこそお金も稼げるし、儲かっていくのでしょうね

先祖は中国で食えずに、やってきた人たちなんでしょうが
私も年ですし、正直言ってあのバイタリティは尊敬しちゃいますね

外国で、外国人を使って、、、潰れてしまわず
お金を得ていくって、ものすごいパワ~がいることでしょうが

それを毎日毎日、死ぬまで続けてきた人たちの子孫であり
またそれを一生続けていくのでしょうし

今の私だったら

「こんなことやっとれんバイ。サッサと手を引いたがよかバイ」

ゼッタイそう思うでしょうし、、、、


中国人め 消えてなくなれ!といった気持と
やはり勝てないわね、、、といった気持と

両方感じさせてくれる土地でした

日頃、ラスピニャスの中間層の人たち
なにかノンビリ、、、と暮らす場所から

突然、ビジネスの最前線の中に飛び込んだようなもの
思いっきり「ガ~~ン!」とやられたみたいで

たまには良いですね

こういった経験も、、、


今度行くときは、家族を連れていこうと思っています

「健太郎、あれを見ろ 中国人の働く姿を
 おまえだったらどっちを選ぶ 中国人とマレ~シア人
 それが分かったらあの中国人のように一生、頭を使って懸命に働け!」

「パパは~~?」

これを返されて終わりになるような気がしますが、、、、






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/795-94172597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)