FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
不動産について、ふと、、、

8月20日 水曜日

朝から暑くなりそうな空模様のラスピニャス市です

昨日、長屋村のクラブハウスへ150Pの公共費を払いに
そのときこの長屋村の軒数を尋ねようと思っていたのですが

帰り道、聞くのを忘れたことに気づき

やっぱり老化現象だろうな、、、と我ながらシンミリでしたね

まあちょっとした団地並みの規模ですので
イチイチ数えるのも面倒くさいと、、、

なぜそんなことが気になるのかといえば

とにかく空き家が多いのです

「FOR SALE」 「FOR RENT」

この張り紙はないものの住んでいない家
新装開店工事中の家

増築工事だと住んでいるのですが
新装開店工事中の家は工事が終わり次第

「FOR SALE」 「FOR RENT」の張り紙が出される可能性大

私の住んでいる縦割り長屋村だけでなく
近所のビレッジも同じような状態ですし

これでバブルなんでしょうかね

なんとなく、バブルが過ぎ去ったあとのようにも思えるのですが


斜め前のニコ君の家
父親が良質の紳士でシンガポ~ルで働いているそうですが
縦割り長屋を4軒持っていてそのうちの1軒に住んでいます

そしてその他の3軒を貸して、家賃収入を得る

まあフィリピン人でも日本人でも
まず真っ先に考える方法ですよね

私も10年前フィリピンに縁が出来たとき
これを考えました

ただ、、、問題なのが、、、残りの3軒は空き家のまま

これは痛いですよね

私もレイテに100万円ハウスを作り
失ったものも大きいが、、、、

まだマシなほうだった、、、そう思えるほど

ニコ君のところは新築のときの購入したものでしょうが
支払いが現金なのか?ロ~ンなのか?知りませんが
もしロ~ンだったら、、、

収入はなく支払だけでも毎年税金はかかってきますし


売り物件に目をやっても
昨年12月から張り紙がそのまま、、、

見た感じ、、、2~5年は経っているな

そんなものばかりですし

日本でもそうですが
不動産で収益というのはプロの知識、経験が必要で
素人がカンタンに手を出せるものではなさそうですね

ましてやフィリピン
自分名義にならない土地家屋なんて、、、



それと根拠はないのですが
ピノイってけっこうケチなところがありますよね

日本人だと相場だとそれで納得してしまいますが
こちらの人は平気で相場の60%やそれ以下

そうなると、、、元々相場っていったい何なんだ?

そういった疑問も浮かんできます


そのくせケチのわりに
チョ~が付くくらい大の見栄っ張りのところもあって、、、

身分不相応の新車に乗り

それって、、、自動車価格以上の長期金利支払って
総額、、、定価の3倍になってやしない?

あまりケチにならず、、、
あまりミエを張らず、、、

ほどほどのところで、、、

ふと、、、そんなこと思ってしまいますが、、、


そんなおり

私が若いころ得意先だった
尋常小学校卒業のみ、たたき上げのケチな社長さんの言葉

「おまえな、売値は自分では決められないが
 買値だと決められる。これが商売だ。絶対忘れるな!」

なぜか突然ですが、この言葉を思い出してしまいました

逆をいうと

もし売値が相場の6掛けから半値しか売れないのなら
買値もそれ以下じゃないと買えないことになります

まあ理想の相場と現実の相場みたいなものですかね

なにかマツダ車を思い出してしまいましたが、、、



それを安易に人が言う相場で買えば
トンデモナイことに、、、

ましてや相場さえよくわからず
外国人価格で買っちゃった、、、なんていったら

目も当てられず、、、

その後の人生は、目を閉じて、、、

菩薩になって生きていかないといけませんね


なぜかしら、、、

そんなことを、ふと思った

今日この頃です








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/802-a887846e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)