FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ~メン



9月28日 日曜日

今日もまたよく晴れて
はっきり言って「暑い」ですね

毎日の日課だった草取りも昨日でとりあえず終了
今日は時間もあるし

さてと、、、

ラ~メンのことでも書きますか

マニラに一風堂だったか?開店するとか、したとか

福岡でいつごろからか、よく見る店ですけど
私は1回しか食べたことないのです

それも岐阜から来た人がどうしても食べたいといわれたから
仕方なしに食べただけ

「まあこんなものなんだろうな」といった印象でしたね

福岡で生まれ育った人たちは、だいたいそんな感想なんですけど
もちろん、若い人たちは知りませんよ

ジジイのみの世界です


だったら、、、

福岡のラ~メン好きたちはどんなラ~メンを好んでいるのか?

店名はいろいろありますが、だいたい共通点があって

「あ~~この味だね」

ただし、、、そんな店は大きくならないのです

自分の味にこだわり、毎日がそれで精一杯
1日1日、自分の店に努めているといったかんじで


福岡以外はよく知りませんが
だいたい福岡のラ~メン屋の親父って「偏屈」なんですよね

「よくま~それだけ偏屈で今まで生きてこれたね」

この言葉がピッタリな人たちですし

口の悪い連中に言わせると
社会不適応者だからラ~メン屋になるし、なれるなどと、、、

今は違うかもしれませんが
ラ~メン屋の親父といっても若いころからラ~メン一筋ではないのです

バスの運転手だったり、会社員だったり、工場勤めだったり
たいがいがサラリ~マン

ラ~メン好きが講じてラ~メンを食べ歩き
自分はこの味のラ~メンを作りたい

仕事をしながら自分で研究し、地道にお金も貯めて
それを5年、10年、15年続けて



祝 開店!



良くいえば「トコトン極めたがる人」「妥協が大嫌いな人」

「努力の人」ともいえますよね

悪くいえば社会からの「ハジケ者」「ハジかれ者」

ラ~メンにしか向き合いませんし
人生これだけ、、、これしかない人生

どちらとも言えますが
まあフツウの人ではないですよね

だからこそ10年、20年、30年でもハズレを出さず
毎日同じレベルの仕事が出来るのでしょう

豚骨を煮出して作るス~プはいつも一定するとは限らないでしょうし

それを必ず自分のレベルに持っていく
これは執念しかないでしょうね


業務用のス~プの元を使えばカンタンに誤魔化せるのですが、、、

難しい場合、20%ス~プの元を混ぜる
いやいや30%、、、40%、、、

ス~プの出具合は様々
そこを見極め、、、、キリよく半分半分

さらに、、、

難しいことは考えず最初っからド~~ンと100%
こうすれば1年365日、、、同じ味

まあいろいろでしょうが、、、

たかがラ~メン、されどラ~メン

執着する人もいれば、ビジネスと割り切る人もいる

ただ、、、ビジネスと割り切った場合、多店舗展開
そして客の回転数が大事ですから

人海戦術にて対応

アルバイトの口から

「うち?ス~プはもちろんインスタントですよ
 あ~~あそこはですね。うちと同じやり方ですけど商売うまいですね」

なんて、、、内情が飛び出したりしますけど、、、


まあ人の好みですし

その人がその料金にその価値を認めさえすれば
リピ~タ~になります

そして、、、

その価値を認めてもらおうと新規参入も続くでしょう

「がんばって美味しいラ~メンを作ってね」

もう私はあまり食べれないけれど、、、

まあ若いころ一生分食べたし
あの店、この店、あっちの店

それを超えるラ~メンを時代とともに生み出してください

そういったところです




スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/09/29 14:17] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/821-a68d33ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。