FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
ナチスの末裔


9月29日 月曜日

今日も晴れ、暑くなりそうです

御嶽山は噴火するし、マヨンも危ないし
大異変の前兆ですかね

福岡は比較的安全な場所なんですが
9年前突然地震がありましたし

ラスピニャスは安全かな?と思っていたら
これもラスピニャス教会が全壊するような地震が起きてますし

なったらなったとき、、、これしかないですね



さてと、、、

またサヨクがたたかれていますね

民主党時代の事業仕分け

いつの世も事業の整理は必要ですけど
必要な事業をサヨクの思惑だけで整理させ
その財源を朝鮮人や中国人のために使う

生活保護、高校の無償化

早い話が外国人だからお金を払いたくない

それだったら自分の国に帰れば、、、そう言うところを

だったら日本に必要なものを廃止させてでも捻出しましょう

サヨクはですね
とにかく日本にとって悪いことしか思いつきませんから



だいたいサヨクがよく口にする

「憲法を守れ」「9条を守れ」「戦争のない国をつくる」なんて全部嘘っぱちなんですよね

日本国憲法の戦争放棄による軍隊の不保持
これに最初反対した人たち、、、

共産主義者と社会主義者なんですよね

日本を赤い国に変えるためには民衆蜂起だけではムリですから
軍隊がいるのです

その軍隊を赤化してまた新しい昭和維新を起こし赤い国にする

そして、そうはさせじとするアメリカと戦うために
戦争放棄というものは受け入れられないのです

一般の人は

「もう戦争はこりごりばい」だったんですけどね

サヨクという赤い人たちは人を殺すのが好きですから

しかし日本人は賢明ですので赤化せず
日本国憲法公布

実際は危ないところだったらしいですが、、、

当時、共産主義者は武力革命を望んでいましたし
朝鮮総連と組み、警察署の焼き討ちなんてハデにやっていましたよね

ほんわり顔の志位さんが「平和を守る日本共産党」

ウソこけ!自分の党の歴史を見てから言いやいよね

まあ武力革命は民衆から支持されず、やがて下火になっていったのですが


共産党もその調子だったのですが、社会党も
特に分裂してからの左派社会党の綱領

議会制民主主義と日本国憲法の否定
議会で絶対多数を占め、この絶対多数を恒久化し
社会主義の原則に従って憲法改正を行い
行政、教育、新聞、出版などの諸機関を社会主義の方向に適応させる

平和憲法の中で生まれ
ひとたび権力を握ったらバケの皮を剥いで社会主義政権の本性を現す

まあ共産党も本性は同じなんですが

何かに似ていますよね

ほんの少し前、世界を席巻したヒットラ~率いるナチスとまったく同じです

同じ思想、同じやり方

そしてその左派社会党の支持母体はいろいろありますが
一言でいって「サヨク」

まあ団体としては日教組ですよね

日本人ってかわいそうですよね

こういったナチスの残党から
「平和教育」などという捏造教育されて

いかにこのサヨクという人たちがインチキか、わかりますよね

戦前、軍人、官僚、政治家、マスコミとして声を大にし国を乗っ取り
実際にやってみれば先ごろの民主党と同じ、何も出来ず国を壊すだけ

壊されるだけ壊されてやっと戦争が終わっても
今度は共産主義者、社会主義者として

スタ~リンのソ連にしたい人たちと
ヒットラ~のドイツにしたい人たちが現われて

教育を乗っ取り

まあこの世代の人たちがナチスの子
そしてこの人たちから直接教育を受けた団塊世代あたりから私たちの世代が
ナチスの孫

団塊世代以降から教育を受けた人たちがナチスの曾孫あたりですかね


日本人からみてナチスは遠い存在でしたが
考えてみたら、、、私たち世代なんてまわりはナチスだらけだったのですね

もうナチスの亡霊とおさらばして
サヨクという異常細胞を持った人たちが無くなり

そういえば土井たか子さんも亡くなりましたし


日本本来の国に立ち戻って欲しいですね








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/822-19eeca3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)