FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
結局はムダだったのかな、、、?


10月26日 日曜日

今日もまた快晴です

ほぼこの1週間晴れの日が続くそうですが
紅葉に温泉、行楽客も多いでしょうね

私の方は行楽とは縁がなく、家と母の病院往復を続けています

腰がイマイチなのとカラカラ天気で土がカチカチ
庭の掘り起こしが出来ないので、少しずつ家の片付けをやってますが
それにしても日本人の荷物はビックリするくらいありますね

ぜんぶお金を払って買ったり、貰ったものでも何らかの対価は払っているでしょうし

財産といえば財産、ゴミといえばゴミ

レイテの連中にやれば大喜びするものでも、こちらでは廃棄処分
20フィ~トのコンテナ仕立てて送るわけにもいかないし
家具とかまで全部送れば40フィ~トになるかもしれませんね
家の中とイナバの物置二つ分ですから、、、

近所の家でも火・金の燃えるゴミの日
第2日曜日の燃えないゴミの日
それと第4日曜日の廃品回収日

盛大に出してますが

「次回は私の方がもっと山にして出してやる」

そんなことまで競争心起こさなくていいのですが、、、


もう代変り、、、

市内に住む子どもたち、、、といってもおばあちゃんなんですが
片付けに来ているみたいです

まあ子どもが市内に住んでいれば、こういった片付けなども出来ますが

遠くの人だと
親が亡くなれば一度家に来てほんの紙袋1個分を持ち帰り
翌日には廃品回収屋
4~5日後には解体業者と産廃トラックが来て
1週間後には更地

すぐに跡形もなくなってしまいますね

そこに住んでいた人たちを知っていますので少し寂しい気がしますが
半年後には新しい家が出来て家族4人、子どもが2人

子どもの姿を見れば

これでよかったんだ、、、とも思いますし


今回帰ってきて4軒建変わっています

これから一気に進むでしょうね
だいたい子どもがここに住んでいないですし

みなさん日本のどこかで
おじいちゃんおばあちゃんになって暮らしているのでしょう

ただ、そこでも子どもがニ~トじゃない限り
同居はしてないでしょうし

考えてみたら、、、壮大なムダですよね

おじいちゃんおばあちゃんの親が長年に渡って買ってきたものが全部ゴミ
もうすぐそのおじいちゃんやおばあちゃんたちの財産もゴミになるでしょうし

大金を払らって土地を買い、家を建てて
その家の中の物も全部買い揃えて

結局、、、土地以外は全部ゴミ

その次世代も違う場所でまったく同じことをして

結局はすべてゴミ

ヨ~ロッパのように人が変わっても長年に渡ってその家に住めばいいのですが
日本の場合、すぐ家を壊して更地にしてしまいますし

土地以外はゴミ処分するしかないのでしょうね

人間が一生かかってお金を稼ぎ、物を買い揃えても
自分が死ねば、自分が火葬か土葬されるように
自分が持っていた物も燃やされるか、土の下に埋められるか

全部といっていいほどのものが一代で終わってしまって継続性がないですね

昔だったらその家に住み、家具や用品などの財産を引き継ぎ
着物なども仕立て直して代々使い

我が家の里は火事で燃えてしまったのですが
それまでは江戸時代のものや、それより前のものがかなり残っていたらしいです

考えてみたらすごいですよね

100年200年どころか300年400年ですから

まあ究極のエコですね

まあその分、物は売れず、、、経済は停滞でしょうが、、、


どっちがいいのか、、、


私のような者にはわかりませんが

私たちの父母の世代
私たちの世代

なにか、、、壮大なムダをしてきたような気がしてなりません



人間、そんなに物がなくても生きていけるんですよね

特にフィリピンなどだったら
衣類なんてTシャツ短パン数枚あればいいですし
日本のように衣替えもなくタンスも要らない

日用品でもコップと皿とおわん
あと包丁、まな板とフライパンと鍋が少し
それに家用ホウキと外用ホウキ

ぞうきんはTシャツのお古

家具なし、器具なし、電気器具もなし、本なし
置物も花瓶も書もなし

まるでお遍路さんが1週間仮住まい、、、みたいな姿ですが


これでも

けっこう楽しく、、、笑いあって、、、

そんなに問題なく暮らしていけるのに、、、


いったいこの数10年の出来事は何だったんだろう

ふと、、、そんなことを考えてしまいました





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/838-a1a6a880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)