FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
さびしい風


12月18日 木曜日

昨日は息子、健太郎の誕生日でした

朝、為替レ~トを見ると3825P 
「ワォ~~」両替するのが早すぎた

しかし最近の日本円、、、我が家と同じで根性なし
「踏んばらんかい!」との願いもむなしくアッサリと3800Pを割って

「情けね~~」

まあ世の中というか、、、
物事には相反する面があるのは承知しています

建前と本音
定価と時価

どちらにも理由があるし
どちらかが正解でどちらが間違いというものでもないですが

どうして、、、

この無能の塊のような
フィリピンペソが上がらなくちゃいけないんだ?

素朴な疑問が出てきますね



もっとも、、、私なんてそう思う方ですから
商売も相場もムリなんですよね

あるがままに、すべてを受け入れて
禅の道を歩いていくがごとく、、、

そうあらねば平静を保てない

日本でもそうだし
ここではもっと生きていけない

それはわかっているのですが
持って生まれた狭量さで自分の世界をより小さなものにしています

それが端的に表れるのが


買物です


知らず知らずのうちに計算していて

「これだと日本で買うのと同じくらい」とそっと買い物カゴに入れています

私は日本人だし
日本の基準が最後の一線まで私を縛り付けるのでしょう

その基準を超えるものには手を出しませんし


しかし、、、ふと、、、

「なんでこんなしょ~もない物を
 日本と変わらない値段だというだけで買わなくちゃいけないんだ?」

私は日本人

やはり世間でいわれているように
アジア人蔑視を持っているのでしょうね

ヨ~ロッパだと物価が高くても

「こんなとこ住めんばい」と思うだけで
腹の底から沸き起こってくる怒りのようなものは感じないですし

私のような者が接する人たちなんて
フィリピンだろうがヨ~ロッパだろうが大差ないんですけどね

しかしこればっかりは感情ですし
理屈は引っ込んでしまいます

中国と朝鮮
あの異様な反日の根源はこの意識かもしれないですよね

下の者が自分より上にいる

これがただひたすら、、、理由もなく許せない


「それって100%カンチガイ」

そう思うのですけど、、、



しかし、、、考えてみたら、、、白人の連中

さぞ、、、ツラかったでしょうね

当時の日本のあの物価高

食品、特に乳製品とか
家賃、ホテル代とか、、、

異様に低品質であるにもかかわらず高価格

「どんでもね~二度と行くか?」と日本に来なくても
逆に日本人が至るところ押し寄せていましたし

白人の学生がユ~スパス 2等列車で旅行している中
日本人の学生は皆さんユ~レイルパス 1等車専用

しょ~もない学生でもそうでしたから
大人なんていったら判で押したように

ホテルは4星
飯は1流レストラン

思わず、、、苦虫を噛み潰したかったでしょう

落ち目になって初めて気が付く、人の心、、、みたいなものですが


白人が日本を称賛しながらも批判を忘れないことを
大学教授などが、、、さも、、、

批判を恐れない

この精神が日本人に最も足りないもので
日本がもっと文化的に成長するためにはこれを大事にしなくちゃいけない

なんて、、、ノ~ガキ垂れてましたが

要はケチをつけたかっただけですよね

私を含む日本人がフィリピンや韓国、中国
東南アジアでもどこでも今ではそうですが

「なんでこんな物がこんな値段なんだ?
 ここの連中は物の価値というものが分かっていない
 物の品質、それに見合う価値観、それこそが人間のレベル」

なぜが、、、ひとこと言いたくなりますよね


そんなこと言っても「さびしい風」が吹くだけですが、、、



さてと、、、


今年は買えなかったけど

来年は年末ジャンボを買おう!

そして、、、夢をみよう!


ちゅ~ことで、、、

くだらないことばかり考えてないで

朝ごはん食べて
運転免許の更新に行きましょうかね




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/873-78c0d520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)