FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
キナバル山 ③


2月13日 金曜日

昨日はバイクの更新にLTOに行ってきました
代理業者を通さず、自分で排気ガス検査場、保険の更新
あとLTOの窓口に並んで2時間弱で手続き終了

フィリピンもアキノさんになってずいぶん様変わり
普通の国に近くなってきました


さてと、、、

2月2日 山のロッジに着いてしばらくして降り出した雨も
2月3日 出発時刻の2:30AMには止みましたが
登山道は沢になり
まるで小川のように雨水が流れていきます

ヘッドランプで視界もイマイチですし
滑らないように一歩一歩、、、気を付けながら歩くのが精一杯


1時間弱で森林限界を超え岩場になり
花崗岩なのか?意外と滑らず危険は少ないものの
傾斜があって歩きにくかったです

明るいうちだとまったくなんてことないところなのですが
視界が限られていますし
ロ~プが張っているところをただひたすら登るだけ

懐中電灯の明かりが見えて
この傾斜を登れば頂上だ、、、というとき
滑ったというか?捻った?というか

私の左トレッキングシュ~ズの底が外れて、、、

困ったなと思いつつも
細引きのロ~プは公園外のロッジに置いてきたまま、、、

気を付けながら、ダマシダマシ登っていきます

あと頂上まで300mというところで
ロ~プを掴み体の位置を変えようとしたところ

左足の靴が外れて

岩場に落下

肩を打ち、アタマの後ろを打ち

ガイドが慌てて飛び降りてきました

ガイド君
靴紐で靴が開かないように縛り

「ここで終了するか?頂上まで登るか?」

まあ骨を折ったわけでも、捻挫したわけでもないですから
「TOP!」と叫んで

あとはゴキブリのように
海の岩場を登る磯虫のように

四つん這いになってひたすら登っていきます

自分ではここは危険だからと足を踏ん張り
ロ~プを握りしめて左から右に体勢を変えている途中の落下ですから
ショックも大きく2本足で歩いていく勇気はなかったのです

それがかえって安全で
10分もかからず頂上

昨日の朝から
ゆっくりゆっくり、一歩一歩
あせらず、慌てず、、、

最後は一手一手一歩一歩でしたが

ちょうど朝日も顔を出す頃
なんとか4095mの頂上にたどり着けました



CIMG0086_convert_20150213180905.jpg



周りを見渡すとけっこう高い山だとわかります




CIMG0087_convert_20150213181128.jpg



ちょうど日の出、、、

富士山じゃないですが、ご来光を拝んで




CIMG0088_convert_20150213181407.jpg



下を見ればどうやって降りようかな、、、?

靴は壊れて後ろの口が開いている状態

現地ではクロコダイル、、、と呼んでいるそうですが

足に響いて、、、痛いだろうな、、、





CIMG0089_convert_20150213181514.jpg





CIMG0090_convert_20150213182040.jpg


皆さん冬支度

私はフィリピン姿ですが、、、、





CIMG0085_convert_20150213183247.jpg



ガイドさんに登頂証明がわりに写真を撮ってもらって
下山

しかし靴底が開いているので締りがきかず
下りですから足が靴の中で滑り つま先がぶつかります

「痛い!」 「痛て~!」 「あちゃ~!」と声を出しながらも
下り坂道ですから抑えが利かず

山小屋まで一気に、、、、

ガイドが「ラビット グッドタイム」などと言ってましたが

朝飯のレストランで靴を外してみると
左足の親指と人差し指から血が出ています

「こりゃ~下までもたんなあ」

痛くないようにといってもスポンジなどがあるわけじゃなし
タオルのみ、、、

いっそのこと靴はリュックに縛り付けてゾウリにするか?
つま先は痛くないけど、、、滑りそうだな

ゾウリですので時間もかかるだろうし
休憩なしで出発

表に出ると

Tシャツ、短パン、ゾウリ姿の私を見て

昨日の連中、、、

スウェ~デン人やスリランカ人シンガポ~リアンのねえちゃん
マレ~人、香港人、白人のにいちゃんたち

一斉に「YUKI NICE!」

悪いアイデアではないけど、、、、

このラスピニャス姿で石ころだらけの道を数時間かけて降りる身になってよね

皆さん笑顔と手を振って激励してくれているんだから
口だけは「サンキュ~」と言っておきましたが、、、



お昼ごろには雨も降ってきて
3時間ぐらいかな?と思っていた下山も5時間近くかかって

サンダルや草鞋のように踵に1本紐が通っているとだいぶ違うのでしょうが、、、

やっと下のキナバルパ~クのロッジに着いて
払ったお金は取り戻さないと、、、
「ほっ」とするまもなく、豪勢な昼ごはんを掻き込んで、、、


見上げるとさっきまでいたキナバル山が「ど~~ん!」と




CIMG0078_convert_20150213183125.jpg


「この場所いいね」ってキミが言ったから

2月3日はキナバル記念日!


今年の年末には還暦
金はなくなり今度日本に戻れば働かなきゃいけないとき

俵万智さんなんてやっておれる身分じゃないのですが、、、


そうであればあるほど、、、

登ってみたくなったキナバル山


まあいろいろあったけど、、、

なんとか登って降りてこれたし、、、

ガイドにチップ10MYRやって今回の私の4095m
キナバル登山は終了しました





スポンサーサイト

コメント

ようご無事をで、リスペクト!日本男児ここに在り!
大阪は、金剛山1125mしか登ったことありません。山頂まじか、蟹の立て這えでしたか!
[2015/02/14 11:27] URL | ロベルト #- [ 編集 ]


ロベルトさんこんにちは~~

さすがは大阪人、金剛山にお上りでしたか、、、
私なんて九州の田舎者、大阪の山は天保山しか上ったことはありません

ではでは
[2015/02/15 12:16] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/894-6416488f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)