FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
日本の調味料


3月10日 火曜日

寒いですね

正午の気温が3℃
午後3時の気温が4℃

こりゃ~いったいなんなんだ、、、

しかし考えてみれば、、、

3月10日ってまだスキ~シ~ズン真っ最中
3月になると青空も増えて気持ち良いし
雪焼けで真黒になりながら滑ってました

ピノイ化も進んで
フィリピンを基準に考えるからカンチガイしてしまうのですね


さてと、、、何を書こうかな、、、

あ、そうそう、、、

昨日バリックバヤンボックスの箱の注文しました

12月に渡比したとき元々クリスマスシ~ズンだし
マニラ港の滞貨もあるし
父母のことですぐ日本に戻らなくちゃいけないかもしれない

バリックバヤンボックスは送らずに
手荷物のみで出発しました

今回はお菓子などを減らして調味料主体で行ったのですが
3ヶ月滞在となると、、、

まず麺つゆ兼天麩羅のつゆが終了

まあオクラの天麩羅をよく食べてましたし
手羽先の煮込み料理はケンケンが好きだし
あと野菜の煮しめでもこれを使えばカンタン
野菜炒めでも、肉を炒めてもちょっと加えると一味違いますし

日本人って便利なもの作りますね


正月を迎えるころには醤油、ミソが底を付きだし
肉味噌で1杯も終了

これは酒のつまみだけでなく、何もないときご飯に乗せて
けっこう便利なんですよね

1月末には6本持っていったマヨネ~ズも終了

ケンケンは食べないのですが
カミさんが日本式のポテトサラダが好きで
1週間に2回ぐらい作っていたのですが
これもあえなく、、、

マヨネ~ズなんて現地ですぐ買えるのですがやっぱり高いですから
強制終了ということに

2月末には白だしも終了

これって便利なんですよね
最初のころは昨日の残りご飯を朝、雑炊に

途中からは
タマネギと白菜を小さく刻み
野菜いっぱいのおつゆ、最後に溶き卵を流し込んで完成

5分間料理ですが
朝、ケンケンが冷蔵庫の冷や飯に熱々のこれをかけて

「マサラップ お代わり」

昼、学校から帰ってきても

「マサラップ モアワン」

夕方、遊びから帰ってきて夕食もこれ

「マサラップ プリ~ズ」

息子は私とカミさんとの子
もちろん肥満体で
身体のあちこちにブタマン貼り付けたような体形ですし

野菜は食べないし
ホットドッグ、ハム、カラアゲの皮が好き

究極の若年性成人病予備軍

しかし小さく刻めば野菜いっぱいでも「マサラップ」といって食べるし
肉などまったく入ってないのでカロリ~は低いし

ピュアゴ~ルドで買ったタマネギ、白菜、卵、塩ですから単価は安いし

なんたって究極の手抜き料理
ス~プですから雑炊するよりもっと早く作れますし
暖めるのもカンタン、雑炊のように焦げ付きを心配しなくていいし

あと、玉子焼きにも塩を入れずこれをちょっと入れるだけ

煮物、焼き物、炒め物にも便利

変わったところでは
冷やし中華のダシに麺つゆも使えますが
この白だしベ~スにカラマンシ~いっぱいでもOKです

ラスピニャスの2月
日ごとに暑くなっていく中での冷やし中華

ラ~メン、チャンポンも美味しいですが
これもはずせない一品です

本当に日本人ってすごいというか

究極のダシ
昆布、鰹節、しいたけ、アゴだしなど

それだけでも手軽にダシがとれるのですが
それを粉末にして単品でもOK
混ぜ合わせて、もっと手軽に

そして醤油の加工品にまで昇華して

誰でも手軽に手間要らず

日本人の知恵というものは
誰が授けてくれたのかわかりませんが

すごいものですよね

カミさんも少しずつ日本の恐ろしさがわかってきたようで

白だしなんて最初はパティスぐらいに思っていたようですが
麺つゆとともにその万能さがわかり
フィリピン料理にも応用が利いて便利だそうです

♪かあちゃんのためならエ~ンヤコ~ラ♪

ATMでお金下ろして買ってこなくちゃいけないですね

キミたちは、水、酢、塩に生姜、ニンニクと魚で
フィリピン伝統料理のパキシウでも食べておきなさい

そう言いたいところですが
そうばっかりはいかなくなってきました

やはり食べ物ですから
ちょっとした工夫で変わってきますし

今まで通りのことを機械的にこなすだけでなく
考えてみる。トライしてみる。もう少し工夫してみる。

これも大事なことですから、、、





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/902-74605460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)