FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
今さかんにブログを読んでいます

4月7日 火曜日

よく雨が降りました
桜の花をゆっくり眺めるまもなく雨が降り続き
もう花びらは地面に落ちてかわいそうな姿に、、、

おもわず「サ~ヤン」って言葉が出てきそうな福岡です

日本に戻ってきてもうひと月が過ぎてしまいました
早いものですね

働かなきゃいけないのですが
母が「コロッ」と逝きそうな気もしますし

何かグズグズしながら1日1日が過ぎ去っていきます

思い切って、踏ん切りつけなくちゃいけないんですけどね


ところで、この1週間雨が降り続いたので
ネットなど眺めていたのですが

「しばやんの日々」という、すごいブログを見つけて
すっかりハマってしまい
むさぼるように読んでました

このブログ、ブログランキングの日本史部門で1位ですので
読まれた方も多いのでしょうが

すべてにおいてズレている私、、、

それに、この10年、フィリピンで忙しかったし、、、
全然知らなかったのです

読ませてもらっていて

目からウロコ、、、思わず手を打ったり
いままで切れ切れだった糸が繋がり、長年の「もやもや」が晴れたり

若いころから古本屋を回ったり
図書館に行ったりして調べていても
なかなか納得できるように繋がらなくて、、、

そのうち「知りたいこと」自体を忘れてしまったり

ネットって本当に便利なものですよね

もっと早くからあったら、、、本心からそう思います
もうこの年になると目が疲れて、なかなか集中できないですし

それにしてもこのブログ、、、

もちろん全面的に信用してしまうのは危険かもしれませんが
なにか、、、納得がいくし、ツジツマが合うのです



http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-9.html


日本書紀の「書」の意味は
王朝が複数あってそのなかの一つの王朝についてのみ書かれたもの

三国志の「志」は『魏書』『蜀書』『呉書』のひとつの王朝について書かれた「書」を並列したもの

「史」が系列的にすべての王朝を書いたもの

これを読んだとき
笑っちゃうほど目からウロコでしたね

私のところは「ちくし」の国、「つくし」とも呼びますが
その先に「倭」の国があって
その先に新しい「ひのもと(日本)」という国ができた

そこが、大阪か京都か奈良か滋賀か知りませんが
そこだと「ひのもと」という名はそぐいませんので
やはり宮崎から突然現われた移住者の国

メイフラワ~号の新大陸移住者みたいなものだったのかもしれませんね

まあユダヤ人説もありますが
中国から朝鮮を通ってちくしの国に来たけれど
そこには先住民がいて割り込めない

南へ下っても行けども行けども先住民がいて
最後は宮崎の山の中

安全ではあるけれど「ここじゃどうにもならんバイ」

正解でしょうね
そこじゃ~平家の落人生活しかできませんし

先の戦争の終盤
陸軍は昭和天皇をつれて満州に逃避行計画でしたが
海軍は源田実大佐が責任者になって宮崎の山の中

歴史は繰り返すものなんでしょうか?



しかしやがて、やまとの人たちが日本を制覇

やまとのことばかり
戦後の東京裁判史観みたいなものでしょうか?

やまとが正義でやまとが正しい
なんとなく、アメリカ政府みたいにも見えますけど

都合の悪いことは書かないようにするには
他所のことは無視して書くしかない

他所のことを書いてしまったら
ついポロリと都合の悪いことも出てくるでしょうし

アメリカの歴史にインディアンをバンバン登場させたら
とんでもないことになってしまいますよね

「お互いがお互いの友好のために努力してきた」

このくらいで収めとかないとですね


「ちくし」のほうが「やまと」より古い言葉らしいですが

後発組でも
自分のことだけしか知らないし、、、

他所のことなど知らないよ、、、

それで長年不思議に思っていたことの

辻褄が合いました




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/913-f4979e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)