FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
つい、、、アタマに血が上ってしまうのです


4月13日 月曜日

雨の福岡です

きのうやっとバリックバヤンボックスを発送し
一仕事終わったな、、、

そんな脱力感が漂っています


さて、ロベルトさんからコメントいただいたのですが
返事が長くなりそうで、、、

アタマが悪いから、、、
短く、シャ~プができないんですよね

「笑点」みたいにひとことで
笑わせたり、思わず膝を叩かせたり、、、

才能なのか?修行の結果なのか?
フィリピンブログ読んでいてもそんな方がいらっしゃるのですけど、、、

私は10年やっても「あきまへ~~ん」です

そういったことでこちらに、、、


私はサヨクを嫌ってますが
左翼思想って別に否定はしないのです

世の中食えない人が大勢出てくると
「この世のシステムは間違っている」と
システムを変えようと考える人たちが出てくるのはごく当然のことですし

ただこの左翼思想の人たちって
平気で人も国も売るし殺すし、偽造、偽証、捏造何でもアリ

思想と宗教まあ同じようなものですが
自分たちが進む道、、、このためだったら
何をしても許されると思ってしまうのでしょう

それだけでも許せないのに
この人たち、、、優越思想を持っていて自分たち以外は虫けら

結局、どれだけの血を流して革命を成功させても
その後は以前よりもっと激しい階級社会を作るのです
自分たちのために、、、


226事件でも
貧しい人たちを救わねばといいながら
陸軍主導の社会を作る

これを軍国主義というか?

資本を認めて社会主義というのか?
資本を認めず共産主義というのか?

どちらにしても同じようなものです

要は、自分たちが指導階級になり
自分たちのための国作り、組織作り

その目標のためには金が要る
軍事費削減方針の高橋是清を殺してでも手に入れる

高橋是清ってすごい人ですよね
アメリカで勉強していたとき奴隷に売られるは
何とか成功したらペル~の銀山、実は廃坑だったらしいですが
これを騙されて買って

それでも日本の中央で
日本が危機でどうにもならないときに毎回呼び出され
昭和恐慌でも半年で片付けて、、、
そのためには半分だけ刷っただけのお札を銀行の店頭に並べて

造幣局だろうが大蔵省だろうが誰もこんなことしませんよね
トップが「責任はすべて自分が持つからやれ!」こういったから
保身一途の役人たちも仕方なくやっただけですよね

日本の大学を出ていないので自由な発想が出来
他の人ではとても出来ないことを解決してしまう
日本で稀有の人

今回のバブル崩壊でも失われた20年ですよ
いかほどの人物か分かりますよね



昭和恐慌のとき

「こんな時代だからといって倹約一途になるな
 お金があるなら料亭に行って飲み食いせい
 それが仲居や板前の給金になり八百屋魚屋へと外部にも出て行く」

正論ですね

ただ私も若いころだったら、、、たぶん嫌悪感持ったでしょうけど

サヨクも一部ヘンな人がいますが
ほとんどの人は普通の感覚を持った日本人

ただし思想に染まると
こんな人を平気で殺してしまう

どうしても引っ掛かるのですよね

安藤輝三大尉、人格者だったらしいですね
鈴木貫太郎のトメを刺さず

逆に「安藤君が僕の命を救ってくれたんだよ」
この人が終戦まで持っていったのですが、、、

事件後、安藤大尉は

>   私達は間違って居りました。君側の奸を倒せば昭和維新が断行されると思って居りました處
   國家を毒する者は重臣閣僚の中に居るのではなく、軍の幕僚軍閥にある事を知りました
   吾々は重臣閣僚を倒す前に軍閥を倒さなければならなかったのです

なにか、、、哀しいですね

哀しいといえば同じく、竹島継夫中尉の

>あてにもならぬ人の口を信じ
 どうにもならぬ世の中で飛び出してみたのは
 愚かだった
 

>青空が仰ぎたい
 太陽の光を全身に浴びて大地を心ゆく迄踏みしめたい
 すがすがしい新緑の木の葉の匂いを肺臓一杯吸いたい
 そうして精一杯働いて働き抜きたい
 人はすべてを失ったとき此の心が湧く

思想というか宗教というか
こわいですね

人間に色眼鏡をかけて狂わせてしまいますし

それが一時の間違いならまだしも、、、


当時軍部は

「それだと国防が全う出来ない」

軍縮会議以降この言葉で恫喝し日本を引きずり回してきましたが
開戦、悲惨を通り越した戦いを強要し
散々たる結果で敗戦

それも、それだけでは済まず
日本は戦後70年経ってもいまだに半植民地のまま

一見、、、平和な国
一見、、、豊かな国

しかしアメリカの手の上で転がされ踊らされて
意のまま、、、

逆らうことすら出来ず

国防どころの話じゃないんですけど、、、


そういったことで

どうしてもサヨクとなると、、、

アタマに血が上ってしまうのです




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/915-19e33491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)