FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
ある朝の出来事


5月20日 水曜日

雨が降るとまだ春の肌寒さ
晴れると夏の日差し

まあひと雨ひと雨ごとに夏になっていくのでしょうが

タクシ~ドライバ~っていうのも疲れる仕事ですね
まあその分、8時に寝て3~4時起きる
朝型人間になりましたけど、、、

タクシ~といえばお水の人が相手の商売

私は6時ごろに出庫、夕方4時には帰ってきますので
その確率は少ないのですがたまに当たります


私なんて博多駅辺りにいて
もちろん駅周辺ですからホテルも多く
朝6時半ぐらいには空港に行くお客さんの依頼が入ります

ただ、、、その時間帯

タクシ~の昼勤と夜勤の交代時期ですので車が少ないのか?

♪ピンポンピンポ~ン♪

ナビに配車司令が入ってきますが

「ん、、、なんでそんな離れたところが入ってくるんだ?」

まあ受けた以上行きますが、、、

まあ行くのはカンタンなのです
ナビに目的地までの経路が点線で示されていますし

「200m先の信号機を左折してください」との音声

目的地が青丸印
私の車が緑の三角印

右折左折時は交差点上で三角が右に倒れたり左に倒れたり
点線で示されている通りに行けばいいですし

最後50mになれば目的地と車に青線が引かれ
重なれば目的地到着

ビルで駐車場などのスペ~スがあれば少し青線が残りますが

待つことしばし、、、

まあ空港だろうな、、、この時間帯だし

しかし現れたのは

思わず、、、「あれっ、、、?」といいそうなおねえちゃん

「キャナルに行ってください」

もちろんこの時間帯はキャナルのお店は開いてないし
川を渡ればフ~ゾク街

車に乗っていて話します

「男の人っていいよね
 私って汗っかきだから化粧が乗らないしタイヘン」

しばし待っていた間、この人も悪戦苦闘していたのでしょうね

ホンネを言えば、、、

化粧が乗るとか乗らないといったレベルじゃないのですが、、、

「ですね~~
 私なんて丸坊主ですから手や顔を洗うように
 頭のてっぺんから後頭部、耳の後ろ、首筋まで洗えるし
 特に病院に置いてある液体石鹸、もうスカスカになるまで油を落として
 髪がある人がかわいそうに思えるくらい、、、気持ちいいですよ」

「アタシもスキンヘッドにしたいけど、、、そういう訳にもいかないし」
 
福岡に生まれ育って60年近く
しかしタクシ~ドライバ~として新人の私

まあだいたいこの道でいいだろう
しかし、、、キャナルを前にして左折のみ

「あらま~なんで~~ 一方通行でもないのに」

まだ早朝ですし、左折しながら

「すみません」 あたまをペコリ
「ごめんなさい」 アタマを下げて、、、
「もうしませんからお許しを~」 またまた頭を下げて

さりげなくUタ~ンして、、、また左折

「おじさんカワイイね」とか言われてキャナルの前に到着

「運転手さんそこのファミリ~マ~トで止めて待っていて
 ちょっと買い物してくるから」

日本って良い国ですね
タクシ~のなかに荷物は置いたまま、、、

フィリピンだったら戻ったときにはタクシ~がいず

「あれ~~私のタクシ~どこに行ったんだろう」 この展開になりそうですが、、、

橋を渡って到着
もう永いこと南新地に入っていませんでしたが

どの店も早朝から営業中というか
コンビニのように交代制で365日24時間営業なのでしょう
各店の前には呼び込みの男も全員いますし

いつのまにか世の中変わり
どんな業界も生き残りをかけて万全のサ~ビス体勢を整えて

時間という概念がなくなっているのでしょうね

「運転手さんありがとう、楽しかった。
 お釣りはいらないから、、、」

1270円のところ2000円置いて出て行き

私も心をこめて
「ありがとうございました~~」


私もこの仕事を始めて2週間は
律儀に、、、

「いえいえ運賃を払ってくれるだけでありがたいし充分ですよ」と
必ずおつりを渡していましたが

毎回毎回になると、、、、
やがて言うのもメンドくさくなり

相手がくれるというものは貰っておいても良いのではないか、、、

昔の人は良いことを言ってますね

「ネコ被ってもメッキはすぐ剥げる」


世間では

三日、三月、三年といいますが
これに2週間か、半月、、、これも加えていて欲しいですね


でもこんな仕事していると
長年に渡ってナゾだったことも

もしかしたら、、、これだったのかも?

そう思えてきます


白人の趣味、というか好み、、、

日本人も昔、台湾で
一見してそれとわかる女を連れて歩いてましたよね

特に白人なんて
タイでもゴジラみたいなのを連れて歩いていますし
フィリピンでもこれまた、、、

「どうしてそこまで?」

なんてことが多いのですが、、、

顔は、、、
仕事も、、、

外から見ると、取り柄がまったくなさそうに見える人でも

心の中の糸というか、一弦が響くってことが
あるのかもしれないですね

それでも日本人だと常識などに縛られがちになりますが、、、

白人にとっては
常識や顔、仕事よりもその心というか
それが響くほうが大事なのかもしれないです

こんな仕事していると
夕方ご出勤のお水系の人も乗せることがあります

① 若く美人だけど、、、つっけんどん
  なにか劣等感を持っているのか?
  威け高に振舞い相手を下げてバランスを取ってるように思える人もいますし

② 美人ながら柔らかく相手を持ち上げて
  上手に世の中を渡っていく人もいる

③ この人のように顔もあたまもよくないが
  悪い人ではないんじゃないか?

 そんな人もいる

②がベストで①は見てくれはよいが悪女
③は問題外

そう思ってましたが
その人が選ぶものですからそれはそれでよいのですね
それでその本人が満足なら

なにかふと、、、ごく当たり前のことを

気づかされたような朝の出来事でした







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/923-aae8ebc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)