FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
いつのまにか、、、観光地?



6月13日 土曜日

梅雨の晴れ間の昨日と今日ですが
昨日は暑かったです

「暑いし湿気があってイヤですね」そうお客さんに話しかけると
「梅雨らしい、といえばそうなんですけどね」こう返されました

考えてみれば10年以上この日本の梅雨を経験していないのです

福岡の街とかみ合わない
話がかみ合わない
フンイキがかみ合わない

この10年というものは私にとって大きなものだったのでしょうね
半分日本人でありながら半分ピノイみたいなもので

混血児になってしまったような違和感というか?
ゆっくり座っておれないような、、、というか?

仕事をしながらもチグハグな自分が居ます

福岡の街もきれいになっていて
バブルのとき街が大きく変わりましたが
崩壊後もず~っときれいになり続けていて

そのぶん、、、
フィリピンに馴染んだ私には自分の街じゃないように感じてしまいます


今も新しいビルが続々と建築中

まるでバブルを連想させますが
バブル時代とちょっと違うのが

生コンクリ~トを運ぶミキサ~車

北九州ナンバ~を多く見かけ
地域によってまだ景気の濃淡があるのでしょう

それからすると1極集中の東京なんて
すごいことになっているかもしれませんね


博多って古くからの文化と九州の中心地
それと活性化で観光客も増えています

よくニュ~スで
「中国人観光客が押し寄せて」

もちろん中国人も来ているのでしょうが
韓国人も来ていますし
目立つのが白人の観光客

なんたってウジャウジャいますし

ここは東京か?鎌倉か?

ちゅ~ぐらい朝から晩まで歩いています

それを見ると、、、

私なんて元々「今回の円安は行き過ぎ出し、間違いだ」

そう断定していたのですが

「そうばかりとは言えないな、、、」と、路線変更しなくちゃいけないような

それくらいすごいのです

在比日本人がいくら悲鳴を上げても
福岡だけでもそれ以上の外人さんがやってきてますし

まったく問題外

海外で日本人が困窮度を高めていても視界の外で
打ち捨てられてしまうでしょうね




もちろん国内の人たちも多いのです

福岡国際会議場、、、

日本人って「国際」って言葉が好きですよね
国際レベルの会議が行える会議場ってなイミでしょうが、、、

もちろん東京がメインでしょうが
定期的に行う会議なんて毎回東京の同じ場所で行うのも芸が無い

だったら一種の観光旅行みたいなもので
毎回場所を変えてみるのも良いな

福岡って空港が近いし、食べ物も有名、ホテルはたくさんあるし

「次は福岡で開催にしよう」

これもありますよね

この仕事をして初めて知りましたが
良いところに目をつけたな、、、そう思います

週末はほとんど予定が入ってますし
週に2回入っているときもあり

隣接する国際センタ~、サンパレス、マリンメッセと共同で
10000人の規模での開催も可能
全国から人が集まってきますし

経済効果はおいしいものがありますよね


お客さんも初日の朝はピリピリ状態
緊張されてますが
2日目になると、、、そこは日本人

前日は7時30分出発だったのが翌日は9時50分出発

「あれ~~会議はもう始まっているんじゃないですか?」

「もう始まっていますよ今日は顔出しして挨拶だけ
 10時半になったらお昼を食べに出かけます。せっかく福岡に来たのですから」

20~30年前、アメリカ線の飛行機に乗った際
アメリカ人は離陸が終わり落ち着くと早速ノ~トPCを開いて仕事に取り掛かり
日本人の出張組は早速、、、缶ビ~ルを「プシュ!」

タテマエの儀式が終わればホンネの世界が始まる

この構図は、、、、20~30年では変わるものではないのでしょうね


私が13年ぶりに仕事をしてまず最初に驚いたのが
信じられないほどのホテルが新しく出来ていたことです

本当に半端じゃないんですよ

私が若いころは100万人都市
それから120万人
現在では150万人らしいですが
それくらいの都市に見合うようなホテルの数ではないのです

私が13年ブランクありますけど
たぶん、、、それよりずっと以前から福岡市って
将来きっと観光客で福岡の町を埋め尽くす

そういった意思があって海を埋め立て
新しい街を作り、ド~ムを作り

ド~ムで思い出しましたが

前回のJソウルブラザ~スのときもすごかったですが
今回のAKBの総選挙、、、福岡のホテルどころかカプセルホテルもすべて予約済み

クレ~ム処理で来福された人でしたが
処理が1日では終わらず延長するはめになったが、ラブホテルに泊まったそうで

「昨日は参っちゃいました、、、」

「昨日はどうにもならなかったらしいですね」


政治家、官僚が意思を持ってやれば街は変わるし、変えることができる

これの見本のようなものかも、、、

企業もたんなるブ~ムに乗っかってじゃなく
政策を見据えてのホテルオ~プンなのかもしれません

良く言えば、、、ですけど、、、



最初の白人が「うじゃうじゃ」に戻りますが

新幹線で大阪、京都、広島から福岡もあるでしょうが
ほとんどの人が東京から飛行機で、、、

以前だと東京近辺と京都だったのが円安で福岡にまで足が伸びたのかな?

ふつう、、、そう思いますよね

でもそれだけじゃなかったみたいで、、、

3日前ほど30代始めぐらいの白人の男2人組を乗せたのです
風采もイマイチ

コピ~した紙を見ると博多港

私がいつも行く近所のス~パ~「マルキョ~」の前から
乗り換えなしの直行バスが出ていて
かつては私もビ~トルに乗って手軽に釜山に行ってました


しかし、、、この2人組
早口のラテン語っぽい言葉でしゃべっているし

「Will you go to Koria?」

「チェジュ」

む、、、済州島行きの船なんて無いはずだが、、、

コイツら港に着いて

「お金ありませ~~ん」なんて言い出すんじゃないだろうな、、、

しかし、、、、


港に入っていくと



COSTA_ATLANTICA.jpg





ド~~ンと戦艦大和より大きな船が聳え立っています

後で調べたら85619トン
イタリアの船会社でした

コイツらクル~ズ船に乗ってきたのか?
フェリ~・高速船乗り場で降ろそうとすると

「No No Over there down down」

ホントかよ?この先はコンテナ置き場があってその先は海だぜ

「Down Down」

いざとなったらオレは降りるからオマエたちだけ海に落ちろよな

「Down Down」


すると、、、、先の方に見慣れない建物があります

入っていくとクル~ズ船専用の建物でした

「福岡の街は変わってしまったな」


なんとなく、、、、

「老兵は死なず、ただ消え去るだけのみ」

この言葉が浮かんでは消えていきましたが、、、




気になって今日ネットで博多港のクル~ズ船のスケジュ~ルを見たところ

6月は29便

まるでこんな船が




costa-serena-exterior-big.jpg




日替り観光バスのようにやってきていたのですね


にっぽん丸もありますが
わりとイタリア船籍の船も多く

アメリカのビジネスマンタイプじゃないちょっと濃系の白人をよく見かけるな

不思議に思っていたのですが、、、、

そのナゾが解けました

そういったところで、、、


バブルの恩恵が早く、、、早く

私の上にも降ってきますように、、、、


カミさんのためにも
ケンケンのためにも


「ア~メン」







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/927-91fe9e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)