FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
ラジオを聞いていて、、、

6月18日 木曜日

最近、曇り空か小雨の日が多くなりました
まあ梅雨らしいといえばそうなんでしょうが

そんななか「ク~ルビス」
もう完全に定着しましたね

見ていて違和感を感じませんし

日本人もやるときはやるし、やれるんだ
ガチガチに固まった日本人社会なんですけど

やろうとすればやれるし
やってみたら今までのは何だったんだろう

そんなものなのかもしれません

慣習にとらわれず、声を上げ実際にやってみると
意外とカンタンに風穴が開くものもあるのかもしれません

そんななか私のような偽ホワイトカラ~は
いまだにネクタイをブラ下げて仕事してますが、、、、


私自身はラジオを聞く習慣がなかったのですが
お客さんの要望でつけたり消したり

自然と耳に入ってきます

福岡のラジオ局は九州朝日放送、福岡毎日放送
他にもあるのですがこの2社が伝統的

親会社が名前でわかるとおり
朝日新聞と毎日新聞

こういった新聞社が上にいて指示しているのでしょう
最近「憲法」「憲法」と耳にタコができるほど、、、

私なんて憲法をどうのこうの言えるほどの知識もないですし
言うつもりもないですが

聞いていて違和感を持つのが

「変えることが悪」 「変えようと思うことが悪」

そのような論調なんです

憲法というものは国、政府、行政から国民を守る唯一のものだし
それを変えようとすることは下心があって国民を落としいれようとするものだ

そういった一面はあるかもしれないですよね、確かに

しかし私のほんの思いつきですが

憲法というものは国、政府、行政から国民を守る唯一のもの
確かにそうなのかもしれないが

憲法自体が日本人を守るものじゃないといけない

今の憲法が本当に日本人を守るものなのかは
いろんな意見があっていいのではないか?
それが人の耳に入った方が良いと思うのです

軍隊を持つことは悪であり
軍隊を持ては戦争をしたくなり侵略をする

これと同じような論理で封殺してしまおうとすること自体が悪ではないのか?

私なんて今の憲法が良いものか悪いものかよくわかりませんが
大きな欠陥を持っていて

それはカンタンに変えられないようにしてあることだ

そう思うのです

どれだけ良いものであったとしても
時間が経過しているうちに時節に合わないこともあるかもしれませんし
改良したほうがよいと思えることもでてくるでしょう

しかし思ったほどカンタンには「変えれない」
これ自体がおかしいような気がするのです

アメリカに押し付けられたものなのか?
自分たちで制定したものか?

諸説あるようですが

日本人自体がカンタンには変えれないような最高法規を制定しますかね

アカならわかりますが、、、

ほとんどの日本人が戦争になる数年前まで
アメリカと戦争になるなんて思ってもみなかったのに
「あっ!」というまに戦争になり、焼け野原にされて敗戦させられた直後
これだけ世界情勢も急変し日本の状況も急変しうることを目の辺りにしているのです

そんな状況下でも明治憲法の統帥権でどうにもならず
坂道を転げ落ちていった

それを直面した人たちが変えることが不可能な憲法などを制定するとは思えないのです


もちろんアメリカは100年の計を持って日本を始末したのですが、、、


人間ですから間違うこともありますが
間違えたらやり直せばいいことですし


私なんて変えれない憲法
こんなものは悪法としか思えません

最高法規ですから50%以上というのは少し軽すぎかもしれませんが
たとえば51対49で負けても将来2%の人を説得すれば逆転可能ですし
そうやっていくうちに良いものになるか?ならないか?は
その人たちが決めていくものじゃないでしょうか


3分の2以上なんて

それこそ異常な世界で

アカの世界にしか見えないのです








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/930-92e4b6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)