FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
最近、街頭でのマイクの声を聞いて


9月16日 水曜日

まだ9月中旬ですが
朝晩はかなり冷えてきて

稲の頭も垂れ下がり
気の早いイチョウも黄色に色づいて

秋本番、、、

ただ、、、ここは九州の福岡
北海道や東北ではないし

ちょっと、、、気が早すぎるような


最近、街頭でじいちゃんばあちゃんが

「戦争法案に反対しましょう」と叫んでいます



それを聞きながら
ある日ふと、、、私の思いついたことを


前の戦争を何故止められなかったのか?

元々アメリカが日本と戦争をしたがっていたことが1番の原因だと思いますが
近視眼的にいうと満蒙問題ですよね

ソ連という凶悪国家が隣にいて、虎視眈々と日本を狙っているが
しかし日本には金がなく、困窮している人が溢れている

ここで一石二鳥の満蒙開発案が出てきて
まあ一種のニュ~ディ~ル政策

そのころ力をつけてきたのが改革派と呼ばれる社会主義者の人たち

たぶん純粋で優しく正義感を持った人たちだったのでしょうが

その純粋さゆえ、優しさゆえ、正義感の持ち主ゆえ
満州を捨てることができず

中国とドロ沼にはまり
やがては対英米戦争に突入

満蒙の地で全国の困窮している人たちを救うつもりが
満蒙の地だけでなく日本全国で取り返しのつかない惨状を起こしてしまい
いまだに日本は高級植民地


悪い言い方をすれば
かわいそうな人たちに食料を与えるのに
人から盗んで渡すようなものですが

サヨク独特の狭量さというか、正義感、それに優しさも加わって
間違ったことでも正当化してしまう

目線が困っている人にしか向けられず
全体を見ることができなくなってしまうのでしょうね

ただ、それに異を唱える人がいれば排除する力学が生まれ
そこに居られないようになってしまうため
誰しも空気を読んで口を開かない

まるで日本共産党みたいですが、、、


もちろんサヨクだけでなく、どこの国でも自分の国民のために
侵略を繰り返して、それが「正義」だと思われていた時代ではありましたけど


岸信介

この人が満州国のプラン作りから実現までのトップ
それで戦犯ながらその頭脳と実現力で戦後首相になった人ですが

統制資本主義者

食うか食われるかの自由主義一辺倒ではなく管理された中での資本主義
一時よく話題になっていた
談合でもカルテルでも護送船団方式でもそうだし
小泉改革でだいぶ風穴開けられましたが
今でもアメリカから見ると日本は社会主義国らしいですね

まあそれが日本人に合っているというか

ただこれは日本の伝統のものではなくて
岸信介が若いころアメリカと欧州を回り
ドイツのシステムが日本には1番合うと判断したものらしく

商工省の官僚たちも
改革派としてこれを取り入れてドイツ型の社会主義国を目指した

首相時代、安保条約改定で全国のサヨクの連中から
「右翼の権化」みたいに言われていた人も

実は社会主義者、サヨクだった

、、、ということは、、、

トップが社会主義者なら
公務員の世界、、、末端まで社会主義者

そうじゃないと生きていけませんし
そしてこの官僚機構、戦争が敗戦に終わってもそのまま温存されて

だからこそ、この元戦犯でも首相になれたのだろうし

なんてことはない、、、日本って戦争前から戦後まで
1億総社会主義者の国だったんだ



最近、共産党や社民党のじいちゃんばあちゃんたちが
マイクを持って

「戦争法案に反対しましょう」と叫んでいますが

元々争いを好まず温和な人たちを戦争に引きずり込んだのも社会主義者と呼ばれるサヨク

その末裔のサヨクは声を大にして

「戦争法案反対」

日本って、、、つくづく不思議な国だな

そう思ってしまいました






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/943-f97faa10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)