FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
つるむ、、、ということ


10月2日 金曜日

昨日の嵐のような雨とは打って変わって
今日は朝からおだやかな日差しの福岡です

タクシ~に乗っていて気がついたことなんですが
運転することが仕事なんですけど
郊外をのんびり走るのはまれ

実車といってお客さんを乗せて郊外に送り届けるときだけのことであって
ほとんどの時間を中心部で過ごし
人が居て、人が歩いているところを回っています

人間の渦のなかにいて
車という防御檻のなかで人間を観察している毎日なんですけど

フィリピンも顔のデパ~トですが
日本も同じだったんですね

実に様々な顔があって毎日見飽きることがないほどです

それと、、、

この仕事をしだしてすぐに気がついたことなんですけど
異状に太った人が増えてます

以前からも少しはいましたが
食糧事情がよくなったというか
高カロリ~食品が溢れているのでしょうね

やまカンみたいな数字ですが
以前を1000人にひとりとしたら
今だと100人にひとりみたいで

ここらへんも少しアメリカ化しているのかな?と

音では

共産党の宣伝カ~が「戦争法案に反対しましょう」

「お~~やっとるな」

「民主主義を守りましょう」

「・・・・?共産党に民主主義なんてあるか?
 言論の自由すら一切認めない党なのに、、、」

しかしセットにして

「戦争法案に反対しましょう 民主主義を守りましょう」

こういうと、誰しもなんとなく頷いて
音だけ聞いているとつい、、、その気になってしまいますね



まあ、そんな毎日なんですが

秋になり、よく目に付くのが
老齢男性のひとり姿

カンジでいうと帽子にデイパック
綿シャツ綿パンにベストかジャンパ~はおって

しかし、、、なぜかしら一人

人の群れのはじっこのほうにポツンと見えます

本を買いに来たのか
パソコン用品や趣味の部品を買いに来たような雰囲気で
たぶん年金もそれなりにあって勝組の中にいるような人たち

しかし、、、

なんとなく寂しさを感じるというか

本人は「一人が気ままでいい」かもしれないですが

こう書くとへんですが
落ち葉が風で端っこに押し寄せられたように

かたや、、、老齢の女性たちはどうかというと

この人たちも一人でいることもあるのですが
わりとツレがいてつるんでいることが多い

それであまり寂しいオ~ラを出していないのです

ここらへんにも女性の方が長生きの秘密があるような

それで、、、

人間って、、、つるんでいるって大事なことかもしれませんね

もちろん、いつもつるんでいる必要はなく
一人でいる時間も大事なのですが

人との関わりを大切にし
相手を労わりながら言葉を交わす

もちろん相手も人間ですし

アタマも心も気持ちも表情も口も耳もフル稼働させています

この時間って意外と

人間にとってかけがえのないものかもしれません

もしかして、、、

この時間が減っていくと
オ~ラが縮こまっていき人間が小さく寂しく見えてしまうものかも、、、と


そう考えると
男の「飲み会」も大事なものかもしれません

男は女のように男同士で買い物なんて行きませんし
男同士で映画見に行ったりもナシですよね

私の若いころなんて仕事を終えると
必要以上に飲み会が多かったです

それが年とともに減っていき
定年を過ぎるとめっきりと、、、

そして年を重ねるたびに0に近づいていくのでしょうが

飲み友達も友人のうち

飲みながら話すってことは
人との関わり、、、という点からしても

思っている以上に大事なものかも知れないですね

とにかく、、、何もないよりはあったほうがよいといった点で、、、



私は50直前まで独身時代が長かったし

「一人がいいさ」
「老後も一人でそれなりに楽しく」

そう思ってきた人間です

しかしこんな仕事をして
裕福なはずなのになぜか寂しく見えてしまう老人たちを見ていて

考えが変わりました

まあ私の場合は
日ごろ日本でのタテマエではそう思っていても
本心では違っていたのかもしれません

それでフィリピンに縁ができ
24歳下のカミさんがいて息子は9歳

問題は様々起こるかもしれないが
やはり人との関わりを心の奥では欲していたのかもしれないです


一人の気ままな生活
ごちゃごちゃがあっても人との係わり合いが濃い生活

どちらが正でどちらが悪というものでもないし
その本人の望むところでしょうが

私の場合、、、

土壇場でひっくり返して下を選んだということは
それが私の本心、私の望む生活だったということで

「これでよいのだ」


今の状態ではなかなかフィリピンに飛べず
SKYPEですが

せいぜい関わりを持って

それを楽しみにして

暮らしていきましょう




スポンサーサイト

コメント

ユキさん、こんにちわ。

周りの人の観察ができると言うことは、今の仕事に慣れて来たようですね。(笑)

結果的には人ぞれぞれでしょうね。と言いながら無人島に一人で住んでいる人は殆どいませんから

大きく見ればりつるむ部類に入るんでしょうね。ただ、人と馴染む度合は人によって違うようです。

自分の人生は、結果責任ですから、なるようにはなるでしょう。(笑)

[2015/10/03 16:43] URL | founder_tp #EBUSheBA [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/10/05 03:08] | # [ 編集 ]


ファウンダ~さんこんばんは~~

すみませ~~ん!! 今ごろになって気が付きました

注意散漫というか?モレているというか?
やっぱり、、、年ですね

その人の人生はその人のもの
人間、自分のしたいようにすればいいし
私もそのようにやってきました

ただ、、、私自身の変化に戸惑っているのも事実で

フィリピンに縁ができ
それまで「一人がいいさ」の人生が
人並みに家庭を持ち、家族への愛情を感じて
その分、人様がリタイアエイジになるころ働き始めることになりましたが、、、

身体も変わってきたらしく
タバコがまずくなり
いよいよ酒までも、、、

それに、、、たぶん以前書いたように脳梗塞を起こしたのでしょう
左耳が遠くなってしまい

このまま逝っちゃうのではないかと思えるくらい
自分自身が変わってきているのです

一人でポツンと立っている男性を見て「寂しさ」を感じたのは
別にその人が寂しさのオ~ラを出しているのではなく
私がその人に私自身を見出して「寂しさ」という色をつけたのかもしれません

人からは「元気がいいね!」と言われていますが
約2名と離れて8ヶ月近く

やはり、、、自分自身が寂しいのかもしれないです

恥ずかしながら
弱音になっちゃいましたね


コメントありがとうございました

また明日から前を見て進んでいきます
[2015/10/16 22:56] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/946-c197130e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)