FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
温和な人と虚勢を張る人と


11月15日 日曜日

この2日間雨でした

もう11月の中旬ですから時雨なんですかね

7月ぐらいからだったか?
待ち車が少ないとグランドハイアットという高級ホテルに車を着けています

普通タクシ~はホテルや駅、タクシ~スタンドでも縦に並べますので1台出れば前に詰めていき
いつもそこにいて動かしてないといけない

ただこのグランドハイアットはホテルの車付けの2台は縦列駐車ですが
それ以外はホテルの前の駐車場に横列駐車
自分の順番が来ればホテルの車付けに移動するだけですから
無精者の私にはピッタリ

すぐ後ろに公園があり、そこで歩いたり体操したりスクワットしようが
トイレに行こうが、その横のコンビニにおにぎり買いに行こうが
はたまたシ~トを倒し爆睡しようがまったくの自由

ちょうどよい休憩所兼良いお客さんにも巡り合える絶好のポイントです

ホテルオ~クラと並ぶ高級ホテルですから
お客さんもセレブの方が多いですよね

お年を召し、温和でこなれたかんじの方もいらっしゃるし
まだ若く、ギラギラとした人もいるし

数社を持ち自分が第一線というより社員に
「自分で考えて自分でやってみてください」と社員教育にシフトし始めた
その中間層の人もいらっしゃいます

温厚な方、虚勢を張っている方
静かではあるがまだ男の闘争心は失っていないのが垣間見える方

様々な方と短い時間ながら話を聞く機会が持てます

一昨日だったか
50代の男性のお客さんの話で

ここに来るお客さんというのは

私、私たちは、そんじょそこらにいる普通の人たちとは違う

常にこれを意識しているし
その扱いを受けなくちゃ気が済まない

そのためにお金を払っているのだと、、、

1階にレセプションがあって普通の人はここで受付や会計をするのですが
もうひとつ4階にもあるらしく
もっと上位クラスは裏口から誰も会わずに部屋に入り清算も部屋の中で、、、

「へ~~そうなんですか
 ホテル側も上客には、くすぐるように心を満たすのですね」

「そうなんですよ
 そのためにお客は高いお金を払うし、払い続ける
 その払い続けた証が接客態度にも表れそれが地位になる
 人間、一度それを味わうとそれを続けたいと思うし
 この人たちはホテルにはわがままを言うけどクレ~ムやイザコザは起こさないので
 ホテル側にとっても大事にしなくちゃいけない上得意ですよ
 それで若い人のなかにはどうしてもその世界に入りたがる人もいますよね」

考えたらそうですよね

そんじょそこらのどこにでもいる普通の人、、、以下の私なんて
気付きもせず考えもしませんでしたが、、、

先週ここから空港まで乗られた70代のじいちゃんは

「ここはソフトがダメだね。 福岡はオ~クラしかないね」そう言われてましたが

私はただの一般的なサ~ビスの話とばかり思ってましたが
思い返してみるとこっちだったのかも、、、?

ただ、、、このじいちゃん、膝が悪いらしく歩くのはヨロヨロ姿
その割に乗り込まれたのは時間ギリギリ
そしてANAの東京行き

今、福岡空港は工事中でJALだとそこまではないのですがANAだと遠く離れていますし
仕方がないのでメ~タ~を止めて第1タ~ミナルに回り
そこから戻って第2タ~ミナルの身障者用車寄せに車を着けて

まあ悪気のある人ではないので親切心を出しましたが、、、


還暦を目の前にして、また違う世界を知ったというか

上の人たちにはその人たち用に一般世間とは違う世界があり
もちろんそこには野心を持った男も集まってくるのでしょう

とにかく上っていこうと野心満々の男たちはエネルギ~とともに
挫けちゃいけない、負けたら終わりだと気負っている部分もあるでしょうし

私なんて運転しながら
何でこの人はこんなに虚勢を張っているんだろう?

そう感じる人も何人かいました

虚勢を張っている人は同時に横柄さも持ち合わせていますし

しかし、その人はその人なりに戦っているのでしょう

いつも戦っている人はそれなりに敵もいて、その数が減ることもなく
戦い続けなくちゃいけないのでしょうね


私なんてこの年ですから

つい、、、「お疲れさまで~す」

なんて、、、思ってしまいますが、、、

それが若さだろうし
だからこそ、それをバネにして伸びていくものもあるでしょう


私もこの年になって
タクシ~の運転手などという仕事をしたからこそ

まあ良いも悪いも、、、

いろんな経験をさせてもらっています






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/952-5834987e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)