FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます

昨日の天気予報では20cmの雪でしたが
そこまではありませんが雪化粧の朝です

今日のデイケア~は山の中腹
朝電話があって、12時開園にしたいと・・・

まあ送迎車はタウンエ~スですので
ちょっと苦しいかな・・・

坂もきついし
お年寄りを乗せているので安全第一

私の母は手がかかるので私が送迎して

「さ~~久々の雪道」

気合をかけていたのですが・・・

そんなことで久しぶりに朝時間が取れました


雪といえばスキ~
今はスノボのほうが主力かもしれませんが・・・

よく行きましたね

山陰、信越、東北、北海道
アメリカ、カナダ、イタリア、フランス、スイス、オ~ストリア、スペイン

国内だと
車、バス、国鉄、船、飛行機
なんでもあり

朝、6時発の新幹線で新大阪
白鳥に乗り換えて青森23時50分着

♪津軽海峡ふゆげ~しき~~♪

歌いながら青函連絡船に乗り込み
朝6時発の北斗、北海に乗り継いでとか

3000円安いと小樽までフェリ~でいったり

東北までひたすら高速を飛ばしたり

元気でしたね


スキ~場ではもっぱら農耕サンバ~
まるでチュ~ブのような溝のないタイヤでぶりぶりと・・・
横に女の子を乗せていたので
アクセルも軽いこと

しかしスキ~というものは・・・
仕事以外であれだけ打ち込めるものはなかったですね

考えてみれば
雪の上を高いところから低いところに降りるだけ

たったそれだけなんですが
だからこそ奥が深いというのか・・・

はまりました

新雪のニセコの1000m台地
朝イチの八方のリ~ゼン
ドロミテの山
シャモニ~

シャモニ~で思い出しましたが
到着したその日
リフト券を買いに行ったらそこがスキ~学校
日本人のインストラクタ~がいらっしゃって
まあ有名な方ですが・・・

「ぜひスキ~学校に入ってください」

「えっ・・・」

「日本のスキ~学校とは違ってガイドですから」

チト高いですが入りました

そして大正解

コ~スは横切るだけ
ロ~プを上げてイケイケ~~

シャモニ~のスキ~場はコ~ス自体はあまりたいした事ないのですが
コ~スを離れると・・・
夢のような世界です

それも行く行く・・・
滑走距離がハンパじゃないです

午前中だけのコ~スでしたが
終わったときは膝から腿が震えて言うことをききません
けっこう体力はあるほうなのですが・・・

昼飯でも食おうか・・・
そのとき日本人のインストラクタ~とちょうど会って

「満足しましたか?」

「サイコ~ですね。ありがとうございました」

「インストラクタ~はルディジョンといって
 技術、体力とも素晴らしくオリンピックの4位です」


さすがは本場ヨ~ロッパ
レベルが違います

1週間堪能させてもらいました


スキ~のことを書き出すときりがないですから・・・



ここらで曲にしましょう

安全地帯の「ワインレッドの心」でも・・・





ワインレッドの心





ふだんは夜の暖かい部屋でお酒
ナイタ~にはあまり縁がないのですが

富良野スキ~場で
この曲がずっとかかっていて
早めに切り上げるつもりが・・・

緩斜面ですが夜の照明のなか
この曲にあわせて大きめのパラレルで滑ると
気持ちが良くて
ついラストまで・・・

意外と合うのですよね
この曲と・・・

そのとき一緒に滑った埼玉大学の4年生
埼玉県庁に就職すると言ってましたが
まだスキ~やってるかな・・・






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/97-a1a8dbe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)