FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショックな出来事



6月10日 金曜日

最近、梅雨入りしたせいか?
たいした雨は降らないもののはっきりしない天気が続きましたが
今日は快晴

今晩から夜勤ですし

このチャンスを逃してはならぬ、、、とばかりに
シ~ツや枕カバ~を洗い、布団も干しています

やっぱり根っからの貧乏性なんでしょうね


夜勤のときには、約2名とあまりスカイプできませんが
昼勤だと家に戻り、8~9時ごろにPCの電源を入れると同時に
「HELLO PAPA」

たぶん、、、

「今か今か?」と待ち構えているのでしょうね

私も60歳ですので、たまにはシンドイときもありますが
自分の気分次第で喜ばせたり、傷つけたり、、、というのも

だいたいこの年になって
慕ってくれる家族がいるって幸せなことですし

これもフィリピンに縁ができたからこそ味わえるものですよね

もし、日本だと、、、

そろそろ目障りになって

「外に出てきてみたら?」とか
「働きにでも行ったら?」とか

体の良い、、、人払い

「それが長年働いてきた自分に言う言葉か?」

なんて、、、イジケてしまいそうな年頃ですし


私が
「9月には5日間だけどラスピニャスに行きたいね」というと

息子がすかさず「1YEAR」

私も1年でも2年でも、、、
もっとハッキリ言うと、死ぬまでず~と側にいてやりたいですが
日本の組織の中に入るとそういうわけにもいかず

かといって、、、

組織の中に入らないと、お金にならないし

世の中って、ままならぬものです

まあ自分がそうしてしまったのですが、、、


ただその分
仕事もせずに全力で家族と向き合うことができたし

両親はだいぶ沈没してしまいましたが
「ずっと側にいて」と言ってくれる家族がいる

これは幸せなことなんだと、、、自分を納得させています


そんな自分ですが
先月末、糖尿病の医者に行ったとき

「はい ここに横になってください」と心電図測るベッドに寝かせられ

あれ~~心電図は2~3か月前にしたはずだけど、、、なんて思っていると

「手足の血の流れ具合を測定します」と手足と胸に器具をつけられて
右手、右足、左手、左足と測定していきます

ただ、左足のときに看護婦さんの顔が曇りました

後で先生の診察があり
血圧はまだ高めですが
HbA1Cやコレステロ~ルは順調にコントロ~ルされていて大丈夫

ただ血流が左手、右手、右足は91%
これは年相応ですが
左足が77%

まあ今のように血糖をコントロ~ルしていけば
自然に血管の詰まりは解消されていき
数字が良くなってきます

しかしまあ、、、

数年前から左足だけが冷えるのは分かっていましたが
こうやって詰まり具合を数字に出されると

ショックなもので

これがドンドン数字が悪くなっていくと
最終的には糖尿病患者でよく聞く

「足の切断」ちゅ~~ことになるのでしょう

思わず、、、「ぞっ!」としますよね

タクシ~の運転手なんてやっていると長時間労働で
休憩といったら狭い車内で「ウトウト」とするだけで
運動はしないし

言ってみればエコノミ~クラス症候群を絵に描いているようなものだし

体の具合を崩す人が多いとか
早死にする人が多いとか、、、よく口に上がりますが

たしかに、、、

1日に12時間労働とかすると
行き帰りや買い物、洗濯、睡眠、あとシャワ~や髭剃り歯磨きの時間を取れば
本当に時間がないし

チョット散歩に、、、なんてこともなく
行き帰りや買い物でも自転車に乗って時間を短縮する始末

運動が絶対に足りないのですよね

休日は休日で
日頃できないことをやってしまうために
やっぱり時間が足りない

一戸建てで土地もあるところに一人で住むというのも善しあしですね

寮とか1ル~ムだと不便なこともあるかもしれませんが
雑用が格段に減るだろうし


しかしこういった風に数字を突き付けられると
「時間がないから出来ない」なんて言っておられませんし

「困ったなあ」とシミジミ

しかし今の自分には家族がいるし

山登りとか階段上りとか縄跳びとかの
激しい運動ではなくてよいですから

歩くだけでも、、、と

前回の休みに近所にある父のケア~ホ~ムとマルキョ~に歩いていきましたが
ハッキリ言って体力が極端に落ちているのです

以前だと7~10㎞ぐらい歩くって何ともなかったのですが
今だとそもそも足が重く、1kmも歩かないうちにダレてきて

人間って1年で様変わりするもので

 「こりゃ~~イカンぞ」と

人間お金が絶対に必要だし
お金のために働いているのですが

お金だけを求めても
身体が壊れてしまえば元も子もなし

働く時間を減らすとなると収入も確実に減るだろうけど

幸いなことに
普通の会社だと早帰りを続けるなんて土台無理な話ですが
タクシ~だとそんなに文句は言われないし

やっぱり、収入を犠牲にしても時間を作り
歩かなければ

そうしないと私の大事な家族が大変な目に合うし
泣くようなことも起こり得る


家族ができたことで喜びを感じますが
いろんなことも起こりますね

ただこれを不幸なことととらえるか?
気付かせてくれて「ありがとう」と捉えるか?

家族のため、自分のために後者でいくしかないです

健康はお金では買えないが
お金を少し我慢すれば健康を取り戻すことができる

それならばお金の部分にすべてを使ってきた自分を
少し方向を変えて

お金に9割、健康に1割

いや~~もっとかな?

お金には8割、健康に2割

まあここら辺でやっていってみましょう

それしかないと思っています




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/983-7dcf3674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。