FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
祭りのあと


6月20日 月曜日

昨日からいよいよ梅雨本番か?というように
雨が降ったりやんだり

早いものでもう6月も中旬を過ぎ
あと10日で今年も半分が終わってしまいます

日にちが経つのが早く
季節の移り変わりも早く

少し前「やっと冬至を過ぎたな」なんて思っていましたが
今では午後7時半になってもまだ明るい

これって良いことなのか?悪いことなのか?
幸せなのか?不幸なことなのか?

そんなこともわからないほど
矢のように月日は過ぎ去っていきますね


さて、今頃こんなことを書くと
「相変わらずズレているね」  そう言われそうですが

少し前の舛添さんの騒動、、、けっこう盛り上がりましたね

その当時、お客さんが乗り込まれるとすぐさま

「舛添さんはもう辞めましたか?」

「いやまだみたいですよ」

それから一談義

舛添さんもかなりおかしな人だが
まわりの議員さんも同じようなもの、五十歩百歩だろうし

騒動が起こった最初は「大きくならないように」
「抑えて押さえて」「早くやり過ごせ」
自分たちに騒動が回ってこないようにひっそりとしていた人たちも

一旦炎上しだすと

こちらに火の粉が降りかかってきてはたまらないと

江戸火消しならぬ
火の元を叩き壊して大火事になるのを防ぐ

全員参加型の伝統江戸芸「打ちこわし」に打って出る

周りのみんなも「わっしょい!」「わっしょい!」ノリノリで

「まだ崩れ落ちないか?」

「まだ粘っているのか?」

舛添城も傾きを増していくとともに

そして誰もいなくなった、、、状態に

しかしそこは負けてならぬと意地を見せて
数日粘るものの

多勢に無勢はいかんともしようがなく

矢尽き刀折れて「落城」

あとは祭りの後とおなじで

「何もなかったように」
「何もなかったかのように」

ピノイも笑えますが
日本人というのもかなりですよね


元々、私は舛添さんの顔が嫌いで

話の中でも

「東京都といっても田吾作の集まりですよね
 あんな顔の人を東京の顔にするか?
 別にハンサムとか必要ないけど
 世界でも代表的な都市である東京なんだし
 あれだけ品のない顔、マルキの目をした人を代表に選ぶって、、、
 自民党とか公明党支持とかいっても
 名前を書いて投票する、その感覚自体が信じられない」

なんて言ってたくらいですから
舛添さんには大した興味もなかったし

しかし舛添さんというより

まわりの人たちと
場外の人たちも含めてなかなか楽しませてもらいました

まあ福岡といっても東京からの転勤族や
出張で来ている人たちも多いし

大学が東京
本社が東京

東京とは何らかの関わりがあるひとたちも大勢いるのでしょう

福岡という場外にいても
けっこう熱くなっている人が多かったです

ほ~~意外と、、、日本人ってまだ熱い血を持っているんだ

特に、、、人を突き落とすときは、、、

やはり、、、

人の不幸は蜜の味

これなんでしょうけどね


この数日、楽しみが一気に減り
平凡な日々が退屈に感じられるような気がしています









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/984-06b8adb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)